あずささんは、それまでの指の往復をやめて、
両手の薬指と中指の間にボクの乳首を挟み込むと、
そのまま、円を描くように摩り出した。
あずささんの手の温かさが、揉み込まれるように、
ボクの体内へと染み込んで来る。
「はあ……んふう……あ……あふ……っふあ……。」
ボクは、あずささんの手の動きに合わせて、知らず知らずのうちに、
自分でもビックリするような、いやらしい声を上げていた。
乳首が、熱い、痛い、疼く、痺れる――――――
気持ちいい……。
ウソだ、ウソだ、ウソだ、ウソだ!
女の人にキスされて、おっぱいを弄られて、
気持ちいいなんて、あり得ない!
だって、ボクは、女の子……。
「ねえ……真ちゃん……。
 今、真ちゃんが体験していることこそー
 『女の子にしか出来ないこと』なのよ〜。」
混乱しているボクの耳元に、あずささんが囁いた。
「っそん……な……ん……はあ……。」
(そんな、ばかな!)と言おうとしたけど、まともな言葉にはならなかった。

あずささんは、言葉を続ける。
「気が付いて……ねえ……真ちゃん……。
 女の子らしさって……一つじゃないの……。」
言葉の間に漏れる、あずささんの熱い吐息がボクの耳に届く。
「真ちゃんの……、
 その切ないハスキーボイスも……
 敏感なおっぱいも……」
あずささんの右手がするすると下りて来る。
「この縦に割れたきれいなお腹も……」
中指が、おヘソをなぞって、さらに下り、
「きゅんっと上がったおしりも……」
おしりへと回って、
「しなやかに引き締まったこの脚も……」
太腿を外側から内側へ、つーっと辿る。
「みんな……み〜んな……素敵で……きれいで……可愛くって……
 真ちゃんが……魅力的な女の子の証なの………。」
そこまで言うと、あずささんが、ボクを後ろから抱きしめた。
さっきみたいな、押さえつけるようなやり方じゃない、
優しく包み込むような抱擁だった。
「それで、それでね……真ちゃん……。
 私は……そんな……素敵で……きれいで……可愛い真ちゃんが……
 好きなの……好きで好きで堪らないのー!
 愛しちゃったのよー!!」

あずささんのその言葉に、ボクの心の中の何かが溶けたみたいだった。
ボクは、今まで男みたいに育てられて来た。
悲しいけれど、男の人に告白なんてされたことがない。
女の子に、告白されたことはあるけど、
それは多分、ボクの男っぽい所に幻想を抱いてたんだと思う。
そして、アイドルとしてデビューしてからは、
事務所の方針として、ボクのそんな所が「売り」の一つになっていた。
そんなボクのことを、あずささんは、
素敵だと、きれいだと、可愛いと言ってくれている。
女の子として見てくれている。
愛してくれている。
はあ…………………。
何だか…………胸が苦しい。
ああ…………でも…………あったかいな……。
……嬉しい?
そうか……ボク、嬉しいと思ってる……。

「あずささん……タオルを外して下さい。」
さっきまでと違って、何故か、滑らかに、冷静に言葉を発することが出来た。
「えっ?あ、あー、ご、ごめんなさい!
 私ったら、自分の気持ちが抑えられなくて……
 自分勝手に……こんな酷いこと……真ちゃんに……。
 すぐに解くわね。」
あずささんは、酷く慌ててボクの手首を縛っていたタオルを解いた。
自由になった手首に軽い痺れと、両肩に少し痛みがあった。
後ろを振り返ると、あずささんが胸の前で両手にタオルを握りしめ、
怯えたような、悲しいような表情を浮かべていた。
「ほんとーに、ごめんなさい!
 やっぱり、女の子にこんなことされちゃうなんて嫌よね?怒るわよね?
 もう、二度と、二度としないから……
 だから、真ちゃん、泣かないで……。」
えっ?泣かないで?
ボク泣いてなんか……。
でも、自分の頬に触れると、湯気で出来た水滴とは違う雫が流れていた。
ふ、ふふっ、ふふふふふっ、へへっ!
ああ、ボクもあずささんを好きになっちゃったんだ……。

「ごめんなさい、ごめんなさいね……。」
こう繰り返し、ボクとは違う理由で泣き出しそうなあずささんに、ボクは近寄った。
「違うんです、違うんですよ、あずささん。
 怒ってなんかいません。
 タオルを外してもらったのは、ボクのことを好きだと、愛していると言ってくれる
 あずささんに、ボクも応えたかったからなんです。」
そう言うと、ボクの方からあずささんを抱きしめた。
そして、あずささんの眼を見ながら告げる。
「ボクも、あずささんを好きになっちゃいました……。」
長い睫毛に縁取られた瞳が、大きく見開かれた後、
あずささんの顔が、今度はボクと同じ理由で、泣き出しそうな表情に変わった。
「ま……こと……ちゃ……ん。」
あずささんもボクを抱きしめた。
「あずささん……。」
瞳を閉じて、お互いの唇を重ね合わせた。
ボクの眼から、また涙が零れた。


あずさ:うふふ・・戻りましょうー真ちゃん♪ まだ・・したいのー? 動画 アダルト動画 ライブチャット