「なっ、何を…!?」
事態を把握しきれない内に、更なる拘束感がやって来た。
あずささんの両腕が、後ろ手に回された腕ごとボクを抱きしめた。
背中に押し付けられた、柔らかな感触はあずささんの胸…?
次に、ボクの右耳の後ろに何か触れる。
ちゅう…。
すっ、吸われてる!?あずささん、ボクの首筋にキスしてる!?
あずささんに、どういうつもりなのか問おうとする。
「どうい…」
ちゅ〜。
あずささんが吸う力を強めた。
「うっ…こっ!?」
あずささんの唇が当たっている部分から生じて、
背中側を駆け抜け、腰の辺りまで達した、
粟立つような感覚の細波が、ボクの言葉を遮ってしまった。
でもこれで、問いを発することは出来なかったけど、
何がおこっているのか、あずささんがボクに何をしようとしているのか分ってしまった。
分ってしまったけれど、信じることが、受け入れることが出来ない。
確認しないではいられない。
ボクは身体の内側に襲い来る波になんとか抗い、声を絞り出す。
「これ…って…っま…ッサージじゃ、な…?
 ダメ…です…て…やめえく…だ…。
 という…かんっ…あずさっさん…レ…ズビ……あん…?」

あずささんは質問に答えてくれなかった。
そして、ボクの首筋に口を当てがったまま、吸うのをやめて舌を出し、
右耳の裏からうなじを通って、肩のラインへと、唇と一緒に舌を這わす。
唇と舌の感触よりやや遅れて、その軌跡をたどる様に、例の波が次々と生まれる。
その波がボクの身体の中で、互いにぶつかり、増幅されながら腰の辺りまで達する。
すると、一旦お腹の下の辺りで収縮し、熱を帯びたような感覚に変る。
そして、再び波に変わると、内腿から爪先へと通り抜けていく。
それとは別に、頭の中も白く、痺れるような刺激に覆われて来る。
ダメ、ダメだよー!
あずささん、こんなのダメですって!
なんでダメなのか、よく分んないけどダメ〜!
ボクは、何とかあずささんの束縛から逃れようとしたけど、
「んっ…はあ!」
力が入らず、身体を少し揺すぶって、口から意図しない吐息が漏れただけだった。
にも拘らず、ボクを抱きしめていたあずささんの腕が緩んだ。
一瞬の、安堵。
その後の、驚異。

ボクの左右の腋の辺りに、あずささんの手の指先がそれぞれ触れた。
そのまま、ゆっくりと胸の中心へ向かって動き出し、
両手の指先が出会った所で元の位置へと帰って行く。
途中でボクの乳首の上を通る時、あずささんの中指と薬指は、ギリギリの所で跨いで過ぎる。
……わざと避けてる?
ううっ、そうされると、余計に乳首へと意識が…。
ジン…ジン…ジン…ジン…。
心臓の鼓動に合わせるように、乳首が熱く痺れる。
何度目かの往復の時、あずささんの指が、それまでよりもボクの乳首へと近づいた。
……それでも、やっぱり跨いで行く。
その瞬間、ボクの口から
「あ……。」
声が漏れてしまった。
すると、いつの間にかボクの左首筋へと唇を移動させていたあずささんが、耳元で囁いた。
「うふふっ、か〜わいい……。」
そして、ボクの身体を貫く電撃……!
「んアん……!?」


あずさ:うふふ・・戻りましょうー真ちゃん♪ まだ・・したいのー? 動画 アダルト動画 ライブチャット