ランクリミットギリギリのある日、千早はプロデューサーに隠れて
ある弱小会社のオーディションを受けにきていた。

(少しでもファンを集めなければ…)

そう、少しでもファンを多くしていかなければ千早の歌手生命は終わってしまう。それはいやだった。
さて、今日受けるのは、パンフレットに映像作品に出演する女の子を募集していると
書いてあったところだ。演技力不問と書いてあったので、一か八かで応募したところ書類審査には通った。
これから面接なのだが…この建物内に入ってから一人も女の子を見ていない。
少々不安になってきた。


続き誰かよろしゅ。AV撮影所って設定です(BY 1スレ28)

参考   【もしかして、遅刻…?】

  【早く着きすぎた…?】

にア【どうせ締切10秒くらい前にみんな一斉に入って来るんでしょう?】


千早:戻りますね。 動画 アダルト動画 ライブチャット